Wifiの契約の時には利用できる容量に注意が必要

Wifiの契約を行う際には、どのように通信速度を設定するのかなどを検討しなくてはいけません。



通信速度を設定するというのは、容量と関係があります。



Wifiは無線回線であるため有線と比較してデータ容量に限界が存在することが多いです。


これは、デスクトップパソコンなどの大きなデバイスであっても変わりはありません。

一般的に無線回線は携帯デバイスなどのような端末に利用されることが多いのですが、こういった携帯デバイス利用する時でも通信容量を設定してその範囲内で効率的に利用することができるように工夫をしています。

デスクトップパソコンのWifの契約iでも同じで、データ容量をあらかじめ決めておいてその範囲内で通信速度を高速化させるように工夫をしています。
こうすることで価格を下げてサービスを提供できるようにしているわけです。
ただ、データ容量を決めてサービスを提供しているという側面から、そのデータ容量超えたデータを受信する時にはデメリットが生じる可能性もあります。

仮に、10GBに設定をしてサービスを利用している時には、そのデータ容量超えてデータを受け取る時に非常に通信速度が遅くなってしまうというペナルティが発生してしまいます。



価格が安くなるというメリットは存在しますが、万が一利用する範囲以上のデータ容量を超えてしまうと、快適にサービスを利用することができなくなってしまうわけです。Wifiの契約時には、この点に関して注意をしておく必要があります。